仙台市 あすと長町 長町三好耳鼻咽喉科 耳鼻科 花粉症 中耳炎

長町三好耳鼻咽喉科医院 NAGAMACHI MIYOSHI OTOLARYNGOLOGY CLINIC

〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町3丁目2-1-1
022-247-5515
WEB予約はコチラから
診療時間
突発性難聴
トップページ > 耳の病気 > 突発性難聴

突発性難聴

突発性難聴は突然に耳が聞こえづらくなる病気です。現在では明確な原因はわかっていません。今のところ、ストレスや、ウイルス感染、血流障害が原因ではないかと考えられます。
一般的に40~50代の方に多く見られますが、最近では10~20代の若い方が発症するケースも増えています。

突発性難聴の症状

突発性難聴の特徴としては、片方の耳が突然聞こえなくなります。文字通り突然耳が聞こえなくなるので、大抵の患者さんはいつ、どこで、何をしている時に聞こえなくなったか説明できると言われています。
加えて高度な感音難聴であること、原因が不明であることが特徴として挙げられます。
副症状としては、耳鳴りや、めまい、吐き気を催す場合もあります。

突発性難聴の前兆

突発性難聴の前兆としては、以下のようなものがあります。

  • 耳の閉塞感がある
  • 聞こえがおかしい
  • 平衡感覚に違和感がある
  • 耳鳴りがする

突発性難聴の治療は早ければ早いほど効果が期待できますので、耳に違和感がある時は早急に耳鼻咽喉科を受診してください。

突発性難聴の治療

突発性難聴はステロイド薬の投与が一般的な治療法です。
ステロイド薬の投与によって、内耳に発生している炎症を抑えることができます。
その他にも、症状に応じて血管拡張薬や、血液粘度低下薬、ビタミン剤を服用して頂くことがあります。
治療の期間は個人差が大きく、1週間~数か月かかります。
突発性難聴は完治する率が3分の1程度といわれており、残る3分の1が症状の緩和、残りの3分の1の方は聴力の回復が無いとされています。
発症してから治療開始までの時間が短いほど回復までの期間が短くなります。ただし、早期に治療を開始しても完治が難しい場合もあります。

突発性難聴の後遺症

突発性難聴は治療を行っても、耳鳴りやめまい、難聴などの症状が残ってしまう場合があります。特に発症から治療開始まで時間がかかるほどそのリスクは高まると言われています。

 

医院情報

住所:〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町3丁目
   2-1-1

場所:JR長町駅(あすと長町)から徒歩5分
   地下鉄南北線 長町駅から徒歩3分
   →アクセスマップ

駐車場:当院1階9台、第2駐車場7台

長町三好耳鼻咽喉科医院

TEL: 022-247-5515
診療時間
09:00~
12:00
14:30~
18:00
  • 木曜:9:00~12:00
    (第2・第4木曜のみ診療)
  • ※木曜日は完全予約制診療になります。
※休診日:木・土曜日午後、日曜日・祝日
※季節によって受付時間を変更する場合があります
↑