仙台市 あすと長町 長町三好耳鼻咽喉科 耳鼻科 花粉症 中耳炎

長町三好耳鼻咽喉科医院 NAGAMACHI MIYOSHI OTOLARYNGOLOGY CLINIC

〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町3丁目2-1-1
022-247-5515
WEB予約はコチラから
診療時間
味覚障害
トップページ > 鼻の病気 > 味覚障害

味覚障害

味覚は味蕾(みらい)と呼ばれる舌の表面などにある器官によって伝達されています。
味覚は、「甘味」「塩辛味」「酸味」「苦味」という4つの基本味覚があります。この味覚が味蕾によって伝達されることで味を感じるようになります。

味覚障害の種類

味覚障害には味を感じなくなる以外にもいくつかの種類があります。

  • 味を感じなくなる「味覚減退
  • 何も口にしていないのに味を感じる「自発性味覚異常
  • ひとつの味覚だけわからなくなる「解離性味覚障害
  • 本来の味とは違った味に感じる「異味症」「悪味症

味覚障害の治療

味覚障害の治療は長期にわたる場合が多いと言われています。
目安としては3か月程度ですが、長い方は数年かけて治療していく場合もあります。一方原因や症状によっては2週間ほどで治るケースもあります。

味覚障害の治療は原因別に異なります。
亜鉛不足による味覚障害の場合は、亜鉛製剤を服用します。亜鉛不足の場合は、食生活の乱れや、無理なダイエットが原因となっていることがあるので、生活習慣の見直しも必要です。
また、アルコールを多く飲まれる方も注意が必要です。
アルコールを分解する時に必要となる、アセトアルデヒド脱水酵素の活性には亜鉛が必要となりますので、アルコールを多量に摂取されると、亜鉛が大量に消費されます。
亜鉛製剤の服用以外にも亜鉛を多く含む食品を積極的に食べることも有効です。

亜鉛を多く含む食品

牡蠣、レバー、海藻、ナッツ類、卵黄など

服用している薬による味覚障害の場合は、主治医と相談の上服用量の変更などを行い治療を進めます。特に亜鉛の吸収を阻害する薬や、唾液の分泌を抑える薬は味覚障害の原因となりやすいと言われています。

味覚障害を起こす可能性のある薬

鎮痛剤、抗アレルギー剤、抗生物質、降圧剤、抗うつ剤など

 

医院情報

住所:〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町3丁目
   2-1-1

場所:JR長町駅(あすと長町)から徒歩5分
   地下鉄南北線 長町駅から徒歩3分
   →アクセスマップ

駐車場:当院1階9台、第2駐車場7台

長町三好耳鼻咽喉科医院

TEL: 022-247-5515
診療時間
09:00~
12:00
14:30~
18:00
  • 木曜:9:00~12:00
    (第2・第4木曜のみ診療)
  • ※木曜日は完全予約制診療になります。
※休診日:木・土曜日午後、日曜日・祝日
※季節によって受付時間を変更する場合があります
↑