仙台市 あすと長町 長町三好耳鼻咽喉科 耳鼻科 花粉症 中耳炎

長町三好耳鼻咽喉科医院 NAGAMACHI MIYOSHI OTOLARYNGOLOGY CLINIC

〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町3丁目2-1-1
022-247-5515
WEB予約はコチラから
診療時間
声かれ

声かれ

普段通りの声が出ずに、かすれた声や、がらがら声、声を出しづらいなどの症状を医学的に嗄声(させい)と言います。
声かれは様々な原因で起きますが、例えばカラオケなどで声を出し過ぎたことが原因となることもありますが、何らかの疾患が原因となっていることもあります。
たかだか声が枯れたくらいで…と思われるかもしれませんが、声が普段通りに出ない状況が続くようであれば、できるだけ早期に耳鼻咽喉科を受診されることをオススメ致します。

自宅でできる声かれの対処法

  • のど飴やトローチを舐める
    のど飴を舐めることで、唾液の分泌が盛んになるので、喉の乾燥を防いでくれます。
    のど飴には、殺菌成分などの成分が入ったものもありますので、ご自身にあったものを有効活用しましょう。
  • うがい薬でうがいをする
    喉を潤してくれると共に、うがい薬の種類によっては有効成分が入っているので、
    喉の状態を回復させてくれます。
  • はちみつを舐める
    はちみつには殺菌作用がありますので、はちみつを舐めることで消炎効果が期待できます。
  • マスクをつける
    マスクを着用することで喉の乾燥を防げます。

ご自宅での対処を行っても声のかすれが続くようであれば、早期に耳鼻咽喉科を受診しましょう。

声かれの原因となる疾患

声帯ポリープ

歌手や、学校の先生、カラオケによく行かれる方など、喉をよく使われる方に多く見られる疾患です。
声帯と呼ばれる声を出す時に使われる部位にポリープができることで声帯の働きを邪魔します。そのため声が出にくくなります。

声帯結節

声帯結節も声帯ポリープ同様にのどをよく使う方によく見られます。特にお子様の声かれは多くの場合声帯結節が原因となっています。
声帯に結節と呼ばれるできものができる疾患です。

反回神経麻痺

声は声帯の働きによってコントロールされていますが、その声帯の働きを司る神経が反回神経です。この反回神経に障害が出ることで声が出にくくなります。

声帯萎縮

声帯が何らかの原因によって萎縮し、声帯自体が小さくなることで、声帯が上手く閉まらなくなり、声が出にくくなります。声帯麻痺や、声帯溝症、加齢によって声帯が萎縮します。

喉頭がん

喉頭がんも声のかすれの原因となります。たばことの相関性が高いと言われていますので、ヘビースモーカーの方は気を付けて頂きたい疾患です。
喉頭がんは進行すると、食べ物を飲み込むことや呼吸することが困難になります。

 

医院情報

住所:〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町3丁目
   2-1-1

場所:JR長町駅(あすと長町)から徒歩5分
   地下鉄南北線 長町駅から徒歩3分
   →アクセスマップ

駐車場:当院1階9台、第2駐車場7台

長町三好耳鼻咽喉科医院

TEL: 022-247-5515
診療時間
09:00~
12:00
14:30~
18:00
  • 木曜:9:00~12:00
    (第2・第4木曜のみ診療)
  • ※木曜日は完全予約制診療になります。
※休診日:木・土曜日午後、日曜日・祝日
※季節によって受付時間を変更する場合があります
↑